短編映画 「​ただそれだけの話」

​原作:本間未来  脚本・監督:亀山雅妃

​あらすじ

彼氏の松岡と別れ、部屋にこもって泣いていたはるか。

はるかは、友人の葵を家に呼び出す。

葵が家を訪れると、はるかの姿がない。

傷心のはるかは、なぜか透明になっていた...。

IMG_9234_edited.jpg
IMG_9235_edited.jpg
20220402135135_edited.jpg

​キャスト

桜井はるか 役

​西村 和葉

少し変わった設定の物語で、

どんな作品になっていくのだろうと、脚本を読んだ時からワクワクの連続でした😊

 

上映イベントで皆様にお会いできるのを楽しみにしています🌸

​清水葵 役

​杏純

非日常のようで日常に感じるかもしれない作品だと思います。

 

輪郭を縁取るというより核に着目してるように感じました。

IMG_8233_edited_edited.jpg
20220402124700.JPEG

​松岡宏一 役

​吉川 元祥

台本のテーマがかなりセンセーショナルで、はじめは緊張しました…。

でも現場に行ってみると楽しくて、

「あれ、こんな気分でやっていいの?」

って思うくらい不思議と楽しく演じられました。

 

上演イベントを見てくださる方にも、

どこか安心できる空気感を楽しんでもらえたら嬉しいです!

​上条悟 役

​林 雅基

映像作品は初めてで、右も左も分からない中、

周りにフォローしていただき、

自分にとってとても貴重な時間になりました。

 

普段何気なく発している言葉でも、

人によって受け取り方は様々で、

だからこそ人とのコミュニケーションは楽しくもあり、悲しくもある。

 

今回、普段よく使ってる「普通」とはなんなのか、とても考えさせられました。